« 雑誌・WEB掲載情報 | トップページ | ハニーのポレポレへの道(ウサギの回) »

2007年7月 5日 (木)

吉沢・花子・笑顔・笑顔

Udon03第43回 『恋味うどん』⑧

主役は吉沢明歩で。

これは最初から決まっていた訳ではないです。

最初に予定していた女優さんは、
事情は忘れましたがNGになりました。

出演NGという事態は、珍しい事ではないです。

スケジュールがあわない。

脚本がつまらない。

自分のイメージに合わない。

小松がくさい。

いろんな理由があります。

あ、最後のは嫁の愚痴です。
俺の足と屁が特にくさいそうです。

『自分の過去の方がウサン臭いくせに』

あえて、口にしません。

NGをくらった後、
深追いはしません。
現実的にする時間がないのです。

結果的に、彼女が演じる事で、
花子という役は輝いたと思います。

『皆が幸せに』というメッセージは、
彼女の笑顔でグッと届いたんじゃないでしょうか。

深い意味も理由もないのですが、
ラストの笑顔を見ると、
斉藤由貴の『青空のかけら』を思い出します。

制服の胸のボタンを下級生たちにねだられた事はありますか?

俺はないです。

余談でした。

ちなみに、斉藤由貴の出ていたCMで印象的なのは、
『青春という名のラーメン』です。

どの辺りが『青春という名のラーメン』なのか、
食べても分かりませんでした。

『歩き麺デス』の方が、意味としては分かりやすかったです。

余談でした。

吉沢明歩という女優を信頼出来るのは、
本読みを行うまでに、きっちり台本に目を通している事です。

それが普通といえばそうなんですが、
ただ読むだけでなく、役のイメージを考えて来てもくれます。

要するに、『演じる』という事に真面目。

だからこそ、花子という役にハマッたのかなと思います。

今後の彼女の活躍に期待しています。
アクションなんかも見てみたいです。

と、ここまで書いて気付きました。

俺が書いたVシネマ『かすみ4』の主役が、彼女である事に。

プチ宣伝です。

今日は、小林麻美の『雨音はショパンの調べ』を聴きながら書きました。

ガゼボ。

|

« 雑誌・WEB掲載情報 | トップページ | ハニーのポレポレへの道(ウサギの回) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/7036005

この記事へのトラックバック一覧です: 吉沢・花子・笑顔・笑顔:

« 雑誌・WEB掲載情報 | トップページ | ハニーのポレポレへの道(ウサギの回) »