« ジョウジョウとアヒルとピラニアたち | トップページ | 水の中でダンス »

2007年7月 1日 (日)

サーモン・英語・笑い・悶々

Udon12第40回 『恋味うどん』⑤

『恋味うどん』がピンク大賞の一位をいただいた事で、
より残念に思うのは、
カットされた箇所を復活させた完全版を作る夢が絶たれた事です。
特に、サーモンさんと吉沢との会話などは、キャラ説明に必要なだけに、
まっこと残念です。

さて。

サーモンさんといえば、
仕事の上で様々な顔を持つ才人なので、
俳優としても、様々な役が見たくなります。
今回、カラミの最中に奇妙な英語を話しているのは、
サーモンさんのアドリブです。

どういう流れで、あのキャラとなったのか、よく覚えてません。

思い出そうとして、どうしても思い出せない事よりも、
単に思い出したくもない事の方が、
生きてく上では多い気がします。

愚痴でした。

サーモンさんの英語ネタは、ピンク大賞での上映時にウケていたと後で聞き、
我が事のようにニヤリとしました。

俺はビビリなので、上映中の反応を見るのが怖くて、
会場の外にいました。
『笑い』は難しいです。

泣くツボよりも、笑うツボの方が、
人それぞれでバラけてるからでしょう。

『笑い』自体が嫌い、
もしくは理解出来ない、
はたまたツボそのものがない。

なんて人もいます。

いろんな方を相手にするわけですから、
なかなかに大変です。
大変なのです。

『笑い』について考えたり、悶々としている時は、
正直、暗いです。

『笑い』を通じて人と接すると、その人自身の広さや深さを感じる事が多いです。

生き方は、それぞれ。
そんな風にも思います。

と、ここまで書いて気付きました。

長々と書いてしまったのは、
ただいま悶々としている真っ最中だという事に。

いつまで悶々。

今日は、ヤプーズの『バーバラ・セクサロイド』を聴きながら書きました。

|

« ジョウジョウとアヒルとピラニアたち | トップページ | 水の中でダンス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6995586

この記事へのトラックバック一覧です: サーモン・英語・笑い・悶々:

« ジョウジョウとアヒルとピラニアたち | トップページ | 水の中でダンス »