« 舞台挨拶@2007.7.8 | トップページ | フォトギャラリー@2007.7.9 »

2007年7月 9日 (月)

途中経過・盛況・感謝・舞台挨拶

第47回 ポレポレ舞台挨拶編

070701●七月七日。

夜の七時に仕事を終えて、ポレポレに向かいました。

早く着きすぎたので、近くでラーメン食べました。

ハズしました。

那波さんと合流し、控室がある階へ移動。

廊下は真っ暗でした。
いくつかドアがあり、
どこが控室か分かりません。

全てを那波さんに託しました。

那波さんは、物凄く丁寧かつ慎重に、
ドアをノックして開けました。

トイレでした。

この時の妙な間とおかしさと心強さを、
文字にするのは不可能です。

同様の事は、舞台挨拶にも言えます。

どんなに面白かった舞台挨拶も、
文字では伝えきれません。

ただ、この日の竹洞・小松両名に関しては、
すっぱり書けます。

グダグダでした。

サーモンさんや那波さん、夏目さんがいなければ、
えらい事になっていたかもしれません。

お客様の数は、予想を遥かに越えてました。
ナヲイさんの話だと、
初日では過去最高の入りだったそうです。

この企画も3度目。

過去2回で築き上げられたものがあってこそです。

継続は力なりです。

『次』に繋げる。

大切な事です。

『ジョジョ(第2部)』でいうところの、ツェペリ魂です。

Mitaka03●七月八日

夜の七時に仕事を終えて、到着。

最初に顔を合わしたのは、
挨拶の予定がない柳の兄さんでした。

柳の兄さんもレモンも、
俺に会うなり挨拶代わりに腹を掴んで来ます。

この二人、何故か人を太らせる事が好きみたいです。

舞台挨拶用のネタは、俺の中では鉄板の、
よっちゃんネタと吉川晃司ネタを用意しました。

挨拶前、強気な発言をしながら緊張するという、
器用な事するレモンに、
内心勝ち誇ってました。

皮肉にも、レモンの緊張を解いたのは、
俺のすべりっぷりでした。

涼むために、イナジュンの怖い話を聞きに行くなら、
俺の舞台挨拶を見に行く方が、
心底寒い思いが出来て、
涼めるでしょう。

と、ここまで書いて、気付きました。

トークがダメなら形態模写で。

次の舞台挨拶までには、
バックステージで『白黒つけてやるぜ』とモメる、
トンプソンツインズの真似でも開発します。
今日は、高橋名人の『ランナー』を聴きながら書きました。

|

« 舞台挨拶@2007.7.8 | トップページ | フォトギャラリー@2007.7.9 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/7094098

この記事へのトラックバック一覧です: 途中経過・盛況・感謝・舞台挨拶:

« 舞台挨拶@2007.7.8 | トップページ | フォトギャラリー@2007.7.9 »