« 家ネタ・乞食・父親・35 | トップページ | ハニーのポレポレへの道 »

2007年7月 3日 (火)

ド忘れ・35・今後・シャンゴ

Aoyama02第42回 『恋味うどん』⑦

ソウルテイカーという、いかつい風貌をしているわりには気の弱さがかいま見える、
パッとしない黒人レスラーが、
パパ・シャンゴという呪術師キャラで、
元・ディンゴ・ウォリアーだったアルティメット・ウォリアーのライバルにまでノシ上がった事は覚えていますが、

前回のタイトルに含まれていた35については書き忘れていました。

35ミリで撮れる。

ピンクを続ける大きな理由の一つです。

現場以外の苦労や理不尽、
もはやウイルスと呼んでも過言ではないストレスにも耐える原動力といえば、
かっこつけ過ぎでしょうか。

反省します。

35に対する思い入れは今後、
年寄りの幻想扱いを受けるかもしれません。
それでも、接する機会が少なくなるであろう世代に、
伝えたり残したりしたいものです。
といえば、かっこつけ過ぎでしょうか。

反省します。

反省といえば、『恋味うどん』以来、
俺はスクリーン上に登場していません。
悲しんでいる方もいると思うので、
そろそろ出ねばとハッスルしているのですが、勘違いしているでしょうか?

反省します。

うどん屋の客として、ニナザワールドさんも出ています。

彼女が何らかの事情で、
舞台挨拶に出れない時は、
俺がニセザワールドとして出ようと思いますが、
迷惑でしょうか?

迷惑でしょうが。

反省します。

ザ・ワールドといえば、マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の悪役・ディオが使う幽波紋(スタンド)を思い出します。
連載が始まったのは、俺が野村義男ばりに三等高校生だった頃です。

荒木飛呂彦のマンガと、
荒木とよひさが関わった歌、
荒勢の思い出などがあれば、
生きていけます。

と、ここまで書いて気付きました。

俺、女優さんについては、ほとんど書かんね。

案外、シャイボーイ。
次からは書きます。

今日は、ゆうゆの『天使のボディガード』を聴きながら書きました。

(写真は『恋味うどん』の撮影現場にて、青山えりな&ニナザワールド)

|

« 家ネタ・乞食・父親・35 | トップページ | ハニーのポレポレへの道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/7020785

この記事へのトラックバック一覧です: ド忘れ・35・今後・シャンゴ:

» インターネットビジネスはまだ稼げます! [インターネットビジネス実践会]
あなたも流行の情報起業をしてみませんか?初期投資ゼロ!副業可能!たくさんの主婦、サラリーマン、学生が不労所得を獲得しています。月収10万程度ならほんとうに誰もが簡単に実現可能です。今ならA4サイズ30枚のレポートを無料進呈中!... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 02時30分

» スタンドとは「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する特殊な超能力のことです。スタンドについての情報サイトです。 [スタンド]
スタンドとは「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する特殊な超能力のことです。スタンドについての情報サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 17時26分

« 家ネタ・乞食・父親・35 | トップページ | ハニーのポレポレへの道 »