« ほっとピンク | トップページ | 私の人生返せーッ!! »

2007年6月 8日 (金)

熱海・漫画・転機・サーモン

Tobiuo03_1第20回 『短距離TOBI-UO』①

『短距離TOBI-UO』という作品は、
いろんな意味で転機となった作品ではないかと思います。

今の『竹洞組』というスタイルが確立されたのが、
この作品だと思うのです。

脚本のスタイルも、変わりました。

ピンクは予算を考えて、登場人物の数を抑えますが、
この作品からは、そんな気遣い無用とばかりに、
わんさか人が登場します。

これは、俺が希望しました。
人物が増えれば、ハコ代(セット代)もかさむ。

普通なら渋い顔をされるか、即却下されそうな話ですが、
竹ちゃんはすんなりOKでした。

お互いに、口に出しあった事はありませんが、
『ピンクだから』と予算的に縮こまる事に辟易していたんでしょう。

話作りのきっかけは、『熱海が使えるので、ホテトルものをやりたい』という
竹ちゃんの意向を受けてでした。

とある漫画にシビれたご様子なので、
俺も貸してもらって読みました。

シビれました。

そこから、キャラ作りに入りました。

書きたいワンシーンと、キャラを産み出せれば、
話はどんどん出来ていきます。

主人公は、少しずつしか飛べないトビウオのような女性。
これは直感でひらめきました。

そのトビウオを受けとめるキャラとして、
店長はどんな人かと考えました。

性格を考えると、セリフも次々浮かんできます。

脳内に浮かんだイメージは、
サーモンさんでした。
いつもと違うイメージの役で、
強烈な印象に隠れている魅力を引き出したい。

加えて、マルチな活躍をみれば分かるように、
器用な役者であるというのを
この役を通じてアピールしたい。

そういう気持ちもありました。

あらゆるキャラが、どっかしらおかしいという中で、
まともさを軸にデンと構えている店長というキャラは、
演じるのが難しい役ですが、
サーモンさんは演じ切ってくれました。

と、ここまで書いて気付きました。

今回は、まるっきり脱線していない事に。

根は真面目なA型です。

今日は、志村香の『曇りのち晴れ』を聴きながら書きました。

|

« ほっとピンク | トップページ | 私の人生返せーッ!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6676563

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海・漫画・転機・サーモン:

« ほっとピンク | トップページ | 私の人生返せーッ!! »