« JOJOの奇妙な小道具 | トップページ | 恐怖のドライヴ »

2007年6月12日 (火)

佐倉さん・バリキーヌ・由美香さん・トビウオ

Tobiuo02_1第23回 『短距離TOBI-UO』④

この作品は、母親役で出演されている、佐倉(萌)さんの協力がなければ、
撮影出来ませんでした。

熱海とホテトル『竜宮城』の事務所は、
佐倉さんの協力を得て使わせていただいたからです。

随分と前に、タイトルも忘れてしまった痴漢電車モノに、
出ていただいた事があります。

ヒロイン役よりも、色香を漂わせていたので、
観終った後に、主人公の男が佐倉さんではなく、ヒロインに走るのが分からないといった印象がありました。

バリキーヌは、吉岡が演じる三島がハマッている、深夜アニメの主人公です。

助監督の絹張の名をひっくり返しただけです。
絹張ことキヌは、うちから五分とかからぬ場所に住んでます。
なので、そこかしこで会います。
次によく会うのは、荒木太郎監督です。

キヌのアゴはしゃくれています。
その上、メガネっ娘が好きです。

その辺りに好感が持てます。

俺の仕事部屋に来ては、『WORST』や『ジョジョ』を読んで帰ります。

さて。

この作品をやろうと思った時に、
トビウオのイメージを重ねたのが、林由美香さんでした。
『思い出がいっぱい』の時に、『また』と約束したのを思い出しました。

由美香さんの事を書こうとしたり、話そうとすると、
どうにもうまくいきません。

照れのせいなのか、悲しみのせいなのか、僅かばかりの思い出のせいなのか、
おそらく全部がごっちゃになってでしょうけど。

あの日。仕事をしている時にメールが来ました。
複数の人からメールや電話をもらい、
初めて現実なんだと理解しました。
わびすけ(松浦祐也)は、自主映画の『Y』を撮影中でした。
泣き声のわびすけに言いました。
『今やってる仕事は、きっちりやらんと』

由美香さんだから、そう思ったのかもしれません。
映画の作り手として、そう思ったのかもしれません。

分かりません。

分からないままに月日は過ぎました。

ちょっとずつでも飛べるトビウオのように、過ごせてこれたか?

分かりません。

が、立ち止まってはいないと思います。

と、ここまで書いて気付きました。

子のヒビキックに飯を食わせてない事に。

子供は、飯も食うけど金も食います。

今日は、ミス花子の『河内のオッサンの歌』を聴きながら書きました。

|

« JOJOの奇妙な小道具 | トップページ | 恐怖のドライヴ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6742444

この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉さん・バリキーヌ・由美香さん・トビウオ:

« JOJOの奇妙な小道具 | トップページ | 恐怖のドライヴ »