« 竹洞哲也×小松公典×サーモン鮭山インタビュー | トップページ | とおいとおいとこ »

2007年6月20日 (水)

番外編・『大小松家』

Komatsu01_1第31回 番外編①

このままのペースで書くと、
書くネタがなくなってしまうので、
俺が脚本屋になるのも仕方がなかろうと、
哀れみを誘うような生い立ちを書きます。

同情するなら金ください。

●父母

父は大正2年生まれ。
母は昭和10年生まれ。

母は初婚でしたが、父は巨根ではありませんでした。

俺が生まれたのは、昭和45年。
万博生まれです。

お父さん、頑張りました。

●兄弟

父は、子作りが趣味だったのか、
前妻との間やら何やらで、
たくさんの腹違いの兄弟を残してくれました。

俺と、すぐ上の義姉の年の差は30年前後あります。

噂では、まだ会った事のない兄弟もいるとか。

今回の特集上映のおかげで、
俺の名がネット検索にて引っ掛かる確率も上がるでしょう。

まだ会った事ない兄さん、姉さん。

会いに来て下さい。

ネタに困るとすぐ、過去を切り売りする弟を、
許して下さい。

ちなみに、会った事のある兄弟とは、
全員と仲が悪いです。

● 叔母さん

母の兄弟で一番上の姉は、
神戸の新開地という場所にある、
今でいうところのソープ街で深夜のみ営業の喫茶店を経営してました。

生まれてすぐの数ヶ月は、
そこで育てられたと最近知りました。

ソープ街では、いろんな人の様々な顔を見ました。
特に、風俗で働くお姉さんたちは、
俺が子供だったという事もあり、
ガードを下げていろんな話をしてくれました。

新開地という場所は、
その当時ですら『かつての』繁華街でした。
底辺に生きる人たちがいっぱいいました。

子供の目線で、こうした環境や人々を見た経験は、
今、役に立ってます。

と、ここまで書いて気付きました。

仙台までは遠いなあと。

この記事は、次回作のロケ地(予定)である
仙台に向かう車中で書いてます。

今日は『移民の歌』を聴きながら書きました。

|

« 竹洞哲也×小松公典×サーモン鮭山インタビュー | トップページ | とおいとおいとこ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6847251

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編・『大小松家』:

« 竹洞哲也×小松公典×サーモン鮭山インタビュー | トップページ | とおいとおいとこ »