« 哲也の寿司 | トップページ | 黄金の犬 »

2007年6月 3日 (日)

サモハン・ソフト・めにくま隊・二人

Mauyubi03第16回 『舞う指は誰と踊る』②

ロケハンと聞くと、サモハンを思い出します。

長野へのロケハン。
やはり、小銭しか持っていませんでした。

劇中に登場する牧場の近くに売店があり、
美味しそうなソフトクリームが売っていました。

値段は、いわゆる観光地値段で少々高め。
ソフトを買うと、タバコが買えず。

迷いに迷ったあげく、ソフトクリームを買いました。

食べ終わると、タバコが吸いたくなりました。

長野といえば、高校時代の友人3人と、
卒業した年の春にスキー旅行に行きました。
誰一人、スキーなんて出来ないのに行きました。
二泊三日の滞在中、
誰もスキーをしませんでした。
ずっと、当時ですら懐かしい部類に入るゲーム、ギャラガをやってました。

あまりに女っ気がないので、
ナンパでもしようという流れになりました。
それぞれが、髪や服をナンパモードに切り替えていく中、
友人の一人が不安げに言いました。

『ムースって、これくらい付ければいいの?』

スポーツ刈りの彼の手には、
手鞠大のヘアムースの泡が乗っていました。
案の定、ナンパは失敗しました。

そんな思い出とは別に、
『舞う指は誰と踊る』は、那波隆史さんと夏目今日子さんの主演二人が、
竹洞組にこれまでなかった空気を作ってくれた作品だと思います。
自然体の二人だからこそ、あの味わいが出たのかなと。

と、ここまで書いて気付きました。

めにくま隊については書いてなかったなと。
その友人達と徹夜で語らったところ、
皆の目にくまが出来たから。
それだけの理由です。
今日は、カルロストシキ&オメガトライブの『コズミックラブ』を聴きながら書きました。

|

« 哲也の寿司 | トップページ | 黄金の犬 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6631928

この記事へのトラックバック一覧です: サモハン・ソフト・めにくま隊・二人:

« 哲也の寿司 | トップページ | 黄金の犬 »