« 処女。をプロデュース | トップページ | わびすけ・逆走・ド忘れ・来ちゃった »

2007年6月 5日 (火)

言い訳・美少女図鑑 汚された制服顛末記

Matsuura04第4回

どうも、奇跡の三文役者・松浦です。
先日、今特集上映の予告編を撮影してきました。セレブな方々が平和にワンちゃんの散歩などに励んでいる代々木公園の平穏を、見事にぶち壊す素晴らしいものが出来上がったのです。お楽しみに。って感じで、皆様いかがお過ごし?

えー、今回は「美少女図鑑 汚された制服(思い出がいっぱい)」についてでございますか。はい。正直、昔過ぎて全然覚えてないのでございますな・・・。
台本も手元に無いのです。(これは昨年デビューした田中監督に貸したマンマだからです。当時田中氏が脚本家を探していて、小松さんの本が読みたいから貸してって言われたわけで。)

覚えてる事は、男の主役の伊藤くんを紹介した事と由美香さんの事だけであります。
伊藤くんは男だし、どうでもいいので由美香さんの事書かせて頂こうと思うわけであります。

良く聞かれるんです。「ピンクってカラミのとき勃起しないの?」っつって。あたくし断言しますよ!しないっつって!できないっつって!あんな皆に囲まれてたら、いくら可愛い子とやってたってたたねえって。

でも本当は、2人だけあたくしをカンペキに勃起ンキンさせた方がいます。

それは由美香さんとサーモン鮭山さんであります。(何故サーモンさんで!?と多くの方が思うかもしれませんが、それは小松さんやサーモンさんが書いてくれると思いますので、今回は省略します。)

由美香さんの事は『女優 林由美香』を読んでいただきたい!!のでありますが、僭越ながら少しだけ不肖・松浦が言わせていただきますと、むちゃくちゃ優しくて素晴らしい女優さんでした。はい。
相手の男優にとても気を使ってくれる方でした。あたくし、多くの女優さんと絡んできましたが、「前張りにも香水を塗っている女優さん」に出会ったのは、由美香さんだっけでした。「美少女図鑑 汚された制服」の時もそうでした。あたくしみたいな三下の若造相手に、そこまで気を使ってくださるなんてと、痛く感動した記憶があります。本当に素晴らしい方でした。もっと仕事がしたかったです。

で、作品については覚えてません。どんなことしてたんでしょうか?今回の上映で再見して、反省したいと思うわけであります。

忘れていました。えータイトルに「言い訳」と書いたのですが、何を言い訳したいかと申しますと、ただいま上映されている竹洞哲也大監督の新作「草船」についてです。(方々でチカッチ!と言われているあれです。)

見てくださった方から「今回の松浦、面白くねえじゃん」との感想を頂いておりますが、これには深い理由がございまして。

「草船」の前にやった「再会迷宮」(不倫同窓会 しざかり熟女)の試写で、某大蔵映画の方から、松浦やり過ぎもう出すな論が申し渡されたのであります。
確かに、鷹匠は熱演させていただいたのでございますが、まさかそこまで問題視されるとは当方も驚いた次第でございます。そこで、竹洞哲也大監督・小松氏と密談の上、次回はなんもしないでホトボリが冷めるのを待とうという結論に達したのです。(一時は改名するかという先鋭的な意見もあったのですが。)結果、あのようになった次第で。はい。

毎回あたくしがスクリーンに映ると席を立ってしまうアホ垂れでインテリジェンスに欠けるオッサンが多い中、楽しみに見に行ってくれたホンの数名の方に深くお詫びすると共にご理解をいただきたいのであります。

ただ一回のインターバルを置いたおかげで、その次の「終わらない始まり」(男たちの夢音色)ではいつもの松浦がお楽しみに頂けるかと。某大蔵映画の圧力に妥協した事を、大いに反省し今後このような妥協が起こらぬように心がけたいと思います。皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(写真は『終わらない始まり』の撮影風景)

|

« 処女。をプロデュース | トップページ | わびすけ・逆走・ド忘れ・来ちゃった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6672940

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳・美少女図鑑 汚された制服顛末記:

« 処女。をプロデュース | トップページ | わびすけ・逆走・ド忘れ・来ちゃった »