« レモン・サーモン・六月の蛇 | トップページ | 千葉・ダム・単線・小銭ふたたび »

2007年5月21日 (月)

千葉・ダム・単線・小銭

Omoide04

第3回 『思い出がいっぱい』①

『思い出がいっぱい』の話をします。

書きだしの一言が浮かばなかったので、
乱暴な前フリとなりましたが、
気にしないで下さい。
竹洞組といえば、地方ロケ。
今では、定番となってます。

これは、竹洞監督がオープン好きというのが原因です。

撮影日数が三日しかないピンク映画では、
何かとリスクが多いオープン撮影は、
極力避けるべきかもしれませんが、
竹洞監督はオープンでの撮影がないと、
調子が出ないらしいので、やるしかないのです。

加えて俺も、カメラマン創さんも、
オープン好きなので、やるしかないのです。
でも、プライベートでアウトドア派は創さんだけです。
俺と竹洞監督は、インドア派です。

竹洞監督と打つのが面倒くさいので、
普段通り、竹ちゃんと書きます。

決して、ちゃん付けが似合うタイプではないです。

役者の松浦も、『まっちゃん』と呼ばれる事が多いですが、
やはり、ちゃん付けが似合いません。

俺もそうです。『こまっちゃん』と呼ばれると、
尻がムズ痒くなります。

私的な話で恐縮ですが、
俺がライターとして初めて持った連載は、
尻の穴の皺で運勢を占うという企画でした。
占うのは俺で、筆名はノストラアヌスでした。

あの頃は必死でした。
今も必死です。

と、ここまで書いて気付きました。
タイトルの内容に、全然触れてない事に。

そんな日もあります。
今日は、島田奈美の『内気なキューピット』を聴きながら書きました。

|

« レモン・サーモン・六月の蛇 | トップページ | 千葉・ダム・単線・小銭ふたたび »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403230/6496103

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉・ダム・単線・小銭:

« レモン・サーモン・六月の蛇 | トップページ | 千葉・ダム・単線・小銭ふたたび »